シェ・リュイ
シェ・リュイ
最新情報 店舗案内 代官山レストラン イベント情報 会社案内 採用情報 お問い合わせ オンラインショップ
経営信条・理念

経営信条
 「食味文化を通じ、人々と共に喜びと感動を共有できる企業集団を目指す」

経営理念
1.能力とは
   行動する力である。 行動の過程で新しい発見が見つかる。
1.情熱とは
   可能性の追求である。 駆り立て続けなければ意味がない。
1.仕事とは
   価値を見出すことである。 意志入れがなければただの作業だ。
1.親切とは
   人のために尽くすことである。 小さなことを大切にしよう。
1.夢とは
   覚めているうちに見るものである。 夢を生き生きとみよう。

私が主人公、今、この一瞬を力いっぱい生きよう。


各店にて製造、販売スタッフ募集中です

只今シェリュイ各店で製造、販売スタッフ、ホールサービススタッフを募集中です。
募集店舗・職種、応募に関しましては、 こちら をご確認ください。




会社案内/ご挨拶 会社案内/ご案内会社案内/企業情報
すべてはここから始まりました。
「趣味が良い」と、言いたくなる街があります。あえて大ぜいの人を惹きつけようとはしない。美味しいものとくつろげる空間があって、落ち着いた街並みのなかに小粋な感覚がひそんでいる−
  シェ・リュイの第一号店が生まれたのは、そんな代官山という街でした。それから40余年の月日がたちました。今ではさまざまなお店も増え、代官山の魅力は雑誌などでもたくさん紹介されていますが、シェ・リュイのできた頃はまだほんとうにひっそりとした住宅地だったのです。

シェ・リュイのお菓子づくり。
 それは本物の材料だけを使い、驚くほどの手間ひまをかけて「最高の味わい」を生み出してゆくこと。子供の頃誰もが憧れていた、夢のようなお菓子の世界。けれど大人になっても、やっぱり素敵な想い出として心の中に残っている…。
そんなおいしさをお届けするならば、「パリの街かど」のようなお洒落な演出がしたい。代官山にお店をつくったのは、こうした願いもあったからなのです。石畳に流れるヨーロッパの歴史と伝統。ファッションでも、古き良きものを残しながら世界の最先端をゆく街。そしてパリには、おいしいものが街かどのそこここにあふれています。

ガストロノミー。それは味覚の文化ということです。
私が“シェ・リュイ”をはじめとする各店舗の経営母体である「ガストロノミー研究所」を設立したのは、この味覚の文化について語り合える仲間の集りをつくるためでした。
  当初、7名でスタートしたガストロノミーも今では製造、販売、本社スタッフを含め 250名を超えるまでになりました。私達は、このオブジェクトに共鳴できる仲間がひとりでも増えていくことが当社の発展だと考えております。
  私達の目指すものは、自分のイメージしている“食”のあるべき姿を具体的なかたちにしていくことです。
  そのために私達は、仕事を

パティスリー(お菓子)
ブランジェリー(パン類)
キュイジィンヌ(料理)
ショコラティエ(チョコレート類)
グラッスリー(アイスクリーム等 氷菓子類)

という5つの専門領域に分けて、それぞれの技術を深く掘り下げています。
(特には、専門性を磨くためにあえてお菓子の分野から独立させました)
  私達は、これ等の専門分野の技術をひたむきに極める、それが可能となってはじめて精度の高い味や新しい美味しさが発見できる...このポリシーを貫きながら常に技術的な可能性に挑戦し続けているのです。
又、他のお店に惑わされたり、流行を追い求めるような風潮とは一線を画しています。
  革新ということは決して小手先の細工を上手にすることではありません。安易に変わることよりもまず自己を確立する、そしてしっかりと根付いた思想と技術の上に新しい味わいを創造する…私達にとって他を真似ることは、独自性を薄めることに他なりません。こうして、少年の頃から何十年も描き続けていたイメージに少しずつ近づきたい、そして何よりも自身を磨いてゆきたいと努力を続けているのです。
  当社が、その経営の理念・理想に近づくために必要なのは、私達が愚直で純粋な
職人の集団 となることです。向後も仲間が増れば増る程、又、会社が発展すればする程中身の密度を濃くしてゆかなければなりません。それは言葉ではおかしいかも知れませんが、それぞれの専門分野で ものぐるい といわれるほど仕事に打ち込み、楽しめる職人が何人いるか、ということになるのだと考えています。
  シェ・リュイのお店をはじめて作ったのは1975年の春でした。その当時から私達の商品づくりのコンセプトは今も変わりません。美味しさは、絵画や音楽と同じように心を満たし、精神の糧となります。私達は心豊かな“ガストロノミー”の世界に生き、これからも力一杯取り組み続けて生きたいと考えております。
  幼い頃、私の家の庭に咲いていた泰山木の花を絵柄にした当社の包装紙、そこに描かれた花は、まさに今開かんとしているところです。
  この包装紙が出来て10年経ったとき枝の間に巣を書き加え、そして又10年経って中に小鳥卵5ヶ産み落としました。この卵は当社商品コンセプトそのものです。しかし、この卵はまだ雛にかえっておりません。まだまだこれから少しずつ、少年の頃の純粋でまじりけのない夢に近づいていかなければと思うものです。

インターネットを更に便利にご利用いただくために
2005年5月にホームページを開設して以来、大勢のお客様にアクセスいただき、又、ネット通販もご利用いただきまして誠に有難うございます。今後、より一層お客様に便利にご利用いただけますよう、インターネットを含む通販業務に関しましては、実店舗とは違うインターネットの独自性を生かしたサービスがご提供できるものと考えております。今後ともよろしくお願いいたします。
日本ガストロノミー研究所 平井政次
pagetop
会社案内/企業情報
社名 株式会社 日本ガストロノミー研究所
本社所在地
東京都大田区新蒲田3丁目22番地8号
オフィス 東京都渋谷区恵比寿西1-33-14 代官山齋金ビル3F
TEL 03-3462-8800
創立 昭和46年8月
資本金 8,000万円
社長 代表取締役 古ア 義丸
業務内容
●フランス菓子全般:製造、販売
●パン類:同上
●アイスクリーム類:同上
●チョコレート類:同上
●レストラン経営(フランス料理)
従業員数 正社員 110名、アルバイト・パート110名
経歴  
昭和46年8月 資本金300万円にて、港区北青山に(株)日本ガスロノミー研究所を設立
昭和46年10月 大田区新蒲田に工場を開設し、操業を開始する。
昭和50年3月 渋谷区猿楽町に、直営店シェ・リュイ代官山店を開店。資本金800万円とし、
本社を大田区新蒲田3丁目22番地8号に移転。
昭和52年3月 資本金1,800万円とする。
昭和56年8月 千代田区麹町に、直営店ハナコウジ店を開店、資本金2,800万円とする。
平成元年6月 世田谷区北沢に、直営店シェリュイ下北沢店を開店する。
平成2年6月 資本金5,000万円とする。
平成3年3月 大田区新蒲田に、新工場完成。
平成5年11月 世田谷区用賀に 直営店シェ・リュイ用賀店を出店。
平成7年5月
目黒区祐天寺に直営店シェ・リュイ祐天寺店を開店。
平成7年6月 資本金8,000万円とする。
平成8年4月 渋谷区猿楽町の、直営店シェ・リュイ代官山店をリニューアルオープンする。
平成8年10月 渋谷区猿楽町に、直営店レストラン シェ・リュイを開店。
平成12年8月 渋谷区猿楽町に、直営店 カフェ シェ・リュイを開店。
平成15年10月 大田区新蒲田に、蒲田第二工場完成。
平成17年3月 千代田谷区麹町の、直営店ハナコウジ店をリニューアルオープンする。
平成17年11月 渋谷区代官山アドレスディセ内に、シェ・リュイ代官山アドレス店を開店。
平成18年3月 JR亀戸駅アトレ亀戸内に、シェ・リュイアトレ亀戸店を開店。
平成19年3月 JR大森駅アトレ大森内に、シェ・リュイアトレ大森店を開店。
平成19年12月 JR三鷹駅ディラ三鷹内に、シェ・リュイディラ三鷹店を開店。
平成20年3月 文京区東京ドームシティ内に、シェ・リュイ東京ドームシティ ミーツポート店を開店。
平成20年8月 宮城県仙台市仙台パルコ内に、シェ・リュイ仙台パルコ店を開店。
平成24年9月 代表取締役に古ア義丸が就任。
平成25年9月 ハナコウジ店を閉店し、同地に直営店ル・グルニエ・ア・パンを開店。
平成27年1月 渋谷区猿楽町の、直営店シェ・リュイ代官山店をリニューアルオープンする。
平成27年8月 世田谷区北沢の、直営店シェ・リュイ下北沢店をリニューアルオープンする。
pagetop
最新情報 店舗案内 代官山レストラン イベント情報 会社案内 採用情報 お問い合わせ オンラインショップ
Copyright Laboratoire de la Gastronomie 2005-2011 All Rights Reserved.